緋綸子の雑記帳

私が誰かのブログを読んで楽しむように、見知らぬ誰かが私の記事を読んでくれたら。

雑記

忘年会

忘年会、全部が全部じゃないけど、年を忘れるどころか年末にあらたに失敗エピソードを作って嫌な気持ちを来年に持ち越すというようなことがある。今回もそうだった。会話が苦手なのは重々わかっているのだから、せめてもっと余計なことを言わずにダメな印象…

最近気になってる言葉 「あざとい」とか「無理」とか

ツイッターとかやってると、どんどん言葉って変わってくなぁって思う。従来の言葉の意味に、新しい意味・用法が付加されていく。「ヤバイ」がほめ言葉で使われるようになったっていうのはずいぶん前から言われてるけど、これはもう当たり前になっていて。最…

千尋さんの女子力 (『千と千尋の神隠し』)

親元にいた高校生の頃までは映画館に行く習慣があまりなかったので、初めて劇場で見たジブリ映画は大学生のときに上映された『千と千尋の神隠し』でした。なかでもクライマックスの、千尋がハクとの記憶を思い出してハクが竜から人型に戻り、空中で二人が手…

ちくわのこうみあげとか、袋入りマーガリンとか

今週のお題「給食」私の給食体験は小学校時代だけなので、だいぶ記憶のかなたなんですけど、こんだて表ってあれ、よく考えたらすごいですよね。1ヶ月分のこんだてがもうすでに決まってるんですもんね。で、小学生向けなためか、ほとんど全部ひらがなで書いて…

ご存知ありませんか?タイトルのわからない「水」の小説。

小学4年生の頃から学習塾に通っていたのですが、一番好きなのは国語でした。テキストやテストの問題文などで、さまざまな文章を読めるから。たいていは出典が書いてあり、気になるものはタイトルや作者名を覚えておいて図書館で借りて読んだりしてました。そ…

子供の頃のお風呂の思い出

最近、娘と一緒にふろに入る父親について議論が巻き起こってて、いろんな意見を読んでるうちに、自分が子供の頃の風呂事情についていろいろ思い出した。この記事では特に意見とかではなく、子供の頃の思い出を気の赴くままに書いてみる。 父と一緒に風呂に入…

昨日は『川本真琴』記念日

今日、たまたまひさしぶりに(といっても、1か月ぶりとかそれくらい)川本真琴のファーストアルバム『川本真琴』を聴いてて、そういや、このアルバム発売されたのって6月だったよなーと思いだして発売日を調べてみたら、1997年6月25日だった。昨日やん!6月2…

2015年、使徒襲来に思う

今日は2015年6月22日。夏至です。そしてなぜか、『新世紀エヴァンゲリオン』で使徒が襲来した日であるという情報がツイッターなどで広まり、盛り上がってました。何と、今日がシンジ君の人生が一変する日だったのかと感慨深く、私も一人で盛り上がってたので…

近況など

おひさしぶりです。 今までほとんど黒バス関連の記事だったのに、唐突に自作の短歌とかアップしてて、それっきり更新ストップしているので、あまりにも脈絡ないなと自分でも思い、ちょっと近況報告などしたいと思います。

引っ越し

引っ越ししないといけないんですが、いろいろ考えることが多くて頭がパンクしそうです。

「十年。人が腐るには十分な長さだ。」

今週のお題「10年」 「十年。人が腐るには十分な長さだ。」 と言ったのは、『るろうに剣心』の斎藤一でした。大人になってからというもの、十年という単語を聞く度、この言葉を思い出しては身につまされます。