読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緋綸子の雑記帳

私が誰かのブログを読んで楽しむように、見知らぬ誰かが私の記事を読んでくれたら。

『黒子のバスケ』ウインターカップ決勝戦 今後の予想

あれよあれよというまにウインターカップの決勝も第4Qに。いや、振り返ってみれば試合開始からはずいぶんたっているのだけれども。たまに過去の場面などをはさみつつも、基本的には脱線することなく毎週着実に試合が進んでいく。ウインターカップの後、連載がどうなるかはわからないけれど、とりあえずはこの決勝がいままでの黒子たちの道のりの集大成でありクライマックスなわけですが、それを引き伸ばしたりせず惜しげもなくぐいぐい進めていく藤巻先生の姿勢はいさぎよいなと思います。ただ一方で読者としては、もう第4Qなのにもかかわらず、帝光編から引きずっているもやもやの解決があまり見えてこないことが気にかかっています。

 

 それは、赤司VS黒子。

赤司は、帝光中学バスケ部時代、退部しそうになっていた黒子の才能を見出し一軍のレギュラーにまで引き上げた、黒子にとっては大の恩人。現に中学2年の全中優勝後、黒子は赤司に直接お礼を言っています。しかしその後、キセキの世代の突出した才能が開花したことをきっかけにチームはばらばらになり、考え方の違いから、黒子は中3の全中後にバスケ部をやめてしまう。帝光編で興味深いのは、赤司と黒子はお互いに意見をぶつけたことがあるんですよね。青峰や黄瀬、紫原なんかは、難しい理屈をいうタイプじゃないし、緑間は何考えてるかよくわかんないんですが、赤司と黒子は、哲学みたいなのをもっててそれを互いに言葉にしている。そういう意味で二人の性格は似てるとこがあるのかなと思います。その二人の考え方の違いについてまとめてみると

赤司:勝利こそがすべて。勝利するのであれば、チームプレイでも、バラバラな個人プレイの寄せ集めでもかまわない。より強いほうを選ぶ。

黒子:たとえ試合で勝っても、皆が楽しくないのであればそれは本当の勝利ではない。皆が笑顔になれない勝利など、意味があるのか。

ということです。勘違いしちゃいけないのは、赤司がチームプレイを否定していてそれで対立しているわけではないということ。ただ、勝てないのにチームプレイに徹する必要はないと考えているのです。今週の第261Qではとうとう、勝つためならバラバラ個人プレイどころか、一人プレイ(っていうと何かアレですが…)を選択するという境地に達してしまいました。しかも、ゾーンに入るトリガーが「仲間への失望」という徹底ぶり。「仲間のために」ゾーンに入る火神と対比されています。

「一人でも勝ってしまう」というのは、青峰君に近いですね。赤司の設定の難しいところというか、ちょっと混乱してしまうのは、ポジションとしては主将にしてPGなんですよね。司令塔としてチームプレイで役割を果たす。一方、彼の能力はエンペラーアイズという人の動きの先を見通す力、そこからアンクルブレイクをたやすく引き起こし、紫原の言葉を借りれば、「敵のディフェンスもオフェンスも無効化する」。PGでもいいけど、必ずしもPGじゃなくても発揮できる、青峰のようなスコアラーにもなり得る力なわけです。

今こうやって考察をすすめていて、ふと思ったのですが。これまでの試合、赤司君は点取りを無冠の三人に任せて自分はPGの役割に徹していた(いや、アリウープとかしてたけど)。何度も三人に「期待している」と言葉をかけてきた。それって…、

「無冠を動かして勝てればそれでよし。ダメだった場合は、失望して自動的に自分がゾーンに入るので、無冠3人よりも強くなる。」という二段構えの作戦だったということですか?(いまさら気づいた。)

たしかに、赤司が口にする、無冠3人への鼓舞や信頼の言葉は、どこか違和感があったのですが、あえて3人を信じることで、失望状態を引き起こしやすくしていたのかなぁ?初めから信じていなければ、失望しないもんね…。

ここまで勝利に徹して、仲間意識など必要ないといわんばかりの赤司君。この一人プレイ状態の彼にもし勝ったとして、誠凛は笑顔になれるのでしょうか。赤司の考えは否定されるのかもしれない。けど、ウインターカップに入ってから今までそんな後味の悪い試合はなかったんですよね。ここは、洛山にもうひとドラマあって、洛山ももっかい5人全力でプレイして、そのうえで誠凛が勝つというのが理想だけど。そうなるには、早々に赤司の一人プレイは限界を迎えなければなりません。そこでもう一人の赤司が現れるのかしら。忙しいな、赤司…。

何か途中で赤司VS黒子の話がとんでしまいました。今回の試合中、赤司と黒子はまだあまり関わっていません。前半は黛を介して間接的に赤司VS黒子となっていましたが、黛さんは無効化されてしまいました。それについて、赤司や黒子が特に言及しているわけでもなし。第4Q残り時間のなかで、必ず赤司と黒子に何らかの関わり合いがあるはずだと思っているのですが…。もう試合終わっちゃいますよ!早く、早くお願いします!