読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緋綸子の雑記帳

私が誰かのブログを読んで楽しむように、見知らぬ誰かが私の記事を読んでくれたら。

はてな題詠「短歌の目」第5回 7月

今日は七夕。梅雨明けしてないので、まだあまり夏という感じがしませんが、今回のお題を詠むうちに、夏気分になってきました。夏はなんとなく、この世ならぬものとつながる季節な気がする。

 

tankanome.hateblo.jp

 

1.手帳

「夏休み」とだけ手帳に書きしるし内容いまだ決めかねている

 

2.花火

見に行った花火の数に遠くから見上げた花火の数を足して

 

3.虫

遠い昔会ったことある気がするね  ふよふよ我に近寄る羽虫

 

4.白

先生の白衣に透けたTシャツのロゴ読む私の心臓の音

 

5.アイス

君とまだここにいるため残してる限りなく水に近いアイスティー

 

6.プール

泳ぐより長い時間をふるえてた  プールサイドに体操座りで

 

7.すず

眠れない夜明けに君のすずが鳴りカーテンのすきま光が揺れる

 

8.アンタレス

「アンタレス」「赤」と書きこむ  その星の空のいずこにあるかも知らず

 

9. 雷

稲妻のあとの雷鳴待つごとく静かに君の動作を待てり

 

10.ぬばたまの

ぬばたまの髪熱風に当てられて鬣のように鏡に広がる

 

 

※鬣は「たてがみ」と読みます。私もPCの変換で知りましたが…。