読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緋綸子の雑記帳

私が誰かのブログを読んで楽しむように、見知らぬ誰かが私の記事を読んでくれたら。

口ずさむと気分が上向きになる80年代アニメ主題歌

 

今週のお題「私のテーマソング」

 

今週のお題に参加してみます。「ああ、今日も仕事憂鬱だなー。」「最近楽しいことないなー。」というときに歌うと気分が晴れるお気に入りの2曲を紹介します。

 

『星空のBelieve』

歌は鮎川麻弥機動戦士Zガンダムのエンディング曲。映像は宇宙を背景にヒロインのファがハロとともにひたすら駆けているというシンプルなもの。歌詞がすごくよいのですよ。特に好きなのはサビの部分で「瞳を閉じれば誰にでも胸の奥にあたたかな記憶があるはず 投げ出さないで苦しい時代(とき)こそ いつか見た青い空をきっとあなたと見上げる日まで」。メロディも伸びやかで美しいです。

 

悲しみよこんにちは

歌は斉藤由貴めぞん一刻のオープニング曲。あのイントロを聴いただけできゅんとくる。映像はヒロイン・響子さんの水彩色鉛筆っぽい柔らかいタッチのイラストが印象的でしたね。響子さんの笑顔が素敵。永遠の憧れの女性ですよね。

 

どちらも80年代のアニメ主題歌という…。私はあからさまにポジティブすぎる応援歌は苦手なのですが、これら2曲は、どちらも優しく心にしみこむようなさりげない歌詞で素直に受け取れるんですよね。悲しいこと、つらいこともあるけど、過去を振り返ればいいこともあったし、これからもそういったものに出会えるかもしれないし、とりあえず今日を生きていこうと思える。何か要約するとつまんなくなっちゃいますが。メロディも歌詞同様に、明るさのなかにふわっと切なさがあって、歌ってると何かこう、目のあたりが刺激されてうるっとなります。

この2曲知ってる人は、ぜひ一人のときにでも歌ってみてください。