緋綸子の雑記帳

私が誰かのブログを読んで楽しむように、見知らぬ誰かが私の記事を読んでくれたら。

散歩

先日、人生37度目の誕生日を迎えた。ターミネーター・ニューフェイトを見たかったが、隣県の映画館に行くために乗ろうと思っていた路線が遅延しまくっていて駅に人がざわざわしていたので、電車混みそうだなと思ってあきらめた。昨年買ったスカートがウエストがきつくなっており、スカートも隣県の駅ビルで新しく買いたかったのだがそれもあきらめた。遅延していたのは、朝ものすごい音の雷が鳴っていたのが関係しているのだろうか?

駅の本屋で、今度出張で行く街の観光マップと『悪童日記』と松本侑子訳の『アンの青春』を買って、本を読むのにいい感じのカフェを探すため駅を出た。駅から一歩出ると街は閑散としており、この駅はよそへ行く人々だけで混んでいるのかと思うとこの街のことが心配になった。この街に越して来てから、何らかの用事のため以外で街をぶらぶらと歩いたことがない。

駅から南側へ歩いたが、しばらくはカフェはなかった。休日の昼間で閉まっているか、開いていても人のいない飲食店などがちらほらあり、後は休日は閉まっている銀行などばかりで、道を歩く人も少ない。駅と城跡の半ばくらいまで来て、やっとカフェがいくつか見えてくる。そのなかでも新しそうなカフェに入った。店内はとても狭く、席が奥に2テーブル(とても小さい)と窓際のカウンターテーブルに椅子が3脚(とても座面が小さくて四角い)しかなかった。2階を工事していたので、いずれ2階席もできるのかもしれない。奥のテーブルには一人座っていたので、窓際のカウンターテーブルに座った。正直、お尻よりも小さく四角い座面の椅子で座りにくく落ち着かなかった。頼んだナイトロコーヒーはおいしく、一緒に頼んだクラッカーにチーズと小豆餡の乗ったスイーツもほどよい甘さと量でよかった。もう少し座り心地がよければ…と思いながらも1時間以上はいた。その間、本は読まずにスマホで文章を書くなどしていた(内容はこの日記のようなメモや、作品感想など)。飲食を終えて、文章も書きたいことを書いてしまうと、カフェを出た。

あまりに天気がよいので、もう少し歩くことにする。城跡のほうまで歩けたらと、そちらの方角を目指す。途中でいい感じの路地があると、そこを曲がったりしてみる。紅葉の木々の見える方に歩いていくと、神社があった。有名な神社だが、ここに来るのは初めてだ。敷地内にはいくつかの神社があり、それらに参拝した。神前式が行われているらしく、雅楽が流れている。

神社を出て、もうしばらく歩くと城跡なのだが、散歩に満足したし、自分の体力を考えると、ここらで引き返すのが妥当だと判断した。帰り道にこの地域で唯一といってよいと思われる老舗デパートがあり、ここにも初めて入ってみた。洋服も売っていたが、自分が欲しいと思うようなちょうどよいスカートはなかった。食品売り場に回り、そこのパン屋でパンを買った。

あとは家に帰るのみと歩いていくと、職場の人とたまたますれちがったのであいさつした。そのあとふと、自分の誕生日を思い出し、ケーキを買おうと思い立ったが、グーグルマップを検索すると今いる場所の近くにはなかった。近いところで、ここから自分の家を通り過ぎさらに歩いたところにケーキ屋があることがわかった。今の時間が17時半。そのケーキ屋は20時まで開いているようだ。しかし、これ以上今日は歩きたくなかったので(体力的に疲れたというよりは歩き飽きたという気持ち)、ケーキはあきらめることにした。誕生日でなくとも、ケーキは買いたいときに買えばいい。

 映画も買い物もケーキもあきらめたが、気持ちよくすごせたよい1日だった。

+1

「36歳」と「37歳」では数字から受ける印象がずいぶんちがう気がする。もうすぐ37歳になるんだけど。36という数字は12で割れるのが気持ちよいし、なんか字面から若い印象を受けるんですよね(理屈がよくわからないけど)。37は素数だし、なんだか気難しそうだ。36は35の仲間だけど、37はもう40に近い。

母はいままで私に対して結婚のこととかそこまで強く言わず「本人の気が進まないのに結婚してしんどい思いをするくらいなら、独身でも元気で気ままに生きてくれたらいい」というスタンスだったんですが、ここへ来て「できることなら家族を作ってほしい。そのために今できるだけの努力をしてほしい」という気持ちが強くなっているようだ。

母の気持ちは私もなんとなく理解できる。独身が特別なこととは思わない、そもそも自分は性格上生涯独身になるような気がしていたというのに、40歳が近づくと「あ、ほんとにこのまま結婚せず独身なんだ」っていうのが真に迫ってくるというか。

私が一人でもしっかり生活するタイプなら母も心配しないのだろうけど、私はあまり生活が得意でない。休日は丸一日寝てしまっている。体がしんどくて疲れているからではなく、ちゃんと目は覚めていてそれなりに動けるはずなのに、休日で何の義務もないと、まったく意欲がなくなるのだ。心のエネルギーがゼロ。ベッドの上でスマホツイッターなどを眺め、目が疲れるとそのまま寝て、おなかが減ったらのそのそ起きて買い込んでいた家の中にあるものを適当に食べる。また寝る。これを休みの間じゅうやると、体動かしてないのに疲れがとれるどころかかえって体調が悪くなるのだ。寝すぎると空腹と脱水気味でえずくこともある。セルフネグレクトに近い。わかっているのに、この習慣がどうしても治せない。

こんなだから、私は自分が人と共同生活できるとはとうてい思えないのだが、一方でこのままずっと一人ではこの生活がだんだんひどくなるのでは?という不安もある。人がいることで生活に張り合いが出るかもしれない。でも、そもそもこんな自分を家族以外にさらけだす勇気がないし、こんな自分を誰かが受け入れてくれるなんて思えない。

共同生活にはいろんな形があるのは知っている。でも、私の周りの既婚者たちは、一人でもそれなりにしっかり生活できている人どうしが一緒になっているからうまくいっているような気がするのだ。でこぼこで補い合って相性がいい人たちもいるんだろうけど、自分にとってのそれが想像できない。

書いているうちに今の自分としては、独身であることそのものよりも、これからの自分の生き方が不安なようだと気づいた。

一人でもちゃんと生きていけますように。変わっていけますように。

日記

発表がうまくいかなくて、発表後の上司の質問にまったく答えられず終わったあとめちゃくちゃへこんだし、落ち込むと同時にこれまでそれなりに忙しかったのでめっちゃ疲れている。

こんなんでも特に何か実質的な不利益があるわけでもなく普通に仕事して生きていけるんだからありがたいんだけど、恥ずかしいし、普段の自分の周辺領域への関心のなさからくる不勉強が露呈していていたたまれない。あとからいくら後悔したって無駄で、勉強するしかないんだけど。

こんなことを毎回繰り返している。

 

『進撃の巨人』第82話 勇者  

雑誌連載時に読んだ自分の感想をサルベージ(当時の混乱ぶりそのままに)。

 

■アルミンだけはこんなことになるとは思わなかった。エルヴィンなきあと(まだ死んでないけど)彼の役割を継いで導いてくれると思ってた。まさかよりによって自分の命を捨てるなんて。幼馴染3人組の一人が欠けてしまうなんて。何でまだ抜け道のような解決策があるように私は期待してたんだろう。ここまでしないと、あれほどの覚悟を決めたベルトルトを倒せなかった。諫山先生は本気だ。進撃の巨人ってそういう漫画だ。

 

■いまになってじわじわと悲しくなってきた。ちょっとあまりに突然のことで呆然としてたから。それにしてもミカサはかっこいい。ここでライナーを殺さないとだめだと判断するミカサはさすがだった。とっさに作戦たてて囮になるジャンもかっこいいよ。それにしてもアルミンがいなくなって頭脳的な役割がジャンにますますのしかかってくるな。ジャン…。


■ハンジさん生きててすごくうれしかったんだけど、正直アルミンショック大きすぎて喜びという境地に達しない。ハンジさんの肉体そうとう頑丈だよね。そしてモブリットさん、どうした!?何となくハンジさんの様子だと生きてるんじゃないかと思っちゃうんだけど。

 

■何かまだ信じられないんですよね。まだ解明されていない謎もたくさんあるのに、ほんとにいないのか君(アルミン)は。 

 

■エレンとアルミンについて。アルミンがエレンに言ったことは巧妙な嘘で、でも本心でもあって、アルミンの頭の良さ、エレンの性格を知り抜いてること、なおかつエレンを信じてること、アルミンの全てがそこにあった。普段の会話のようにさりげなく、でも重い覚悟が感じられる台詞。それに対してエレンはいつも、アルミンやミカサの覚悟に一瞬とまどってしまう。今回も何も言えなくて、でもアルミンの信頼にはきっちり応えて役割を果たすんだよ。アルミンは、エレンなら絶対そうしてくれると信じている。何かもう、これまでの二人のいろんなことが思い出されてたまらない。エレンの、何も言葉を返すことができない辺りが何ともリアルなんだよな…。

 

■ふとした瞬間にアルミン、もうおらんのか…って思い出して、背中がひゅっとなる。

スター・ウォーズ『最後のジェダイ』感想

2017年12月25日 映画見たあとの感想サルベージ
 
 
カイロレンよかったよカイロレン。
 
もっとこじらせて感情的になってる子供じみたイメージだったけど、彼なりに目指すものがあって、迷いながらも考えて選択してる。物語をぐいぐい進ませるだけの力がある。もちろんその選択が善いものとはいえないんだけど。さすがは影の主人公。

あそこでスノークをやったのには思わずよくやったと快哉を叫んでしまった。善悪はともかく、ストーリー的にはとても正しい。そうなんだよ、彼はダース・ベイダーの先に進まないといけないんだよ。ダース・ベイダーはずっと皇帝に従い続けて最後に皇帝を葬ったけど、ダース・ベイダーと同じでは面白くない。観てる方もスノークはわりとどうでもいいし(ごめんスノーク)。スノークに心を読ませなかったこともカイロレンの潜在能力を感じさせましたね。

ダース・ベイダーはルークに共に皇帝を倒して新しい秩序を創ることを望んでたけど、カイロレンもレイのいる場でスノークを葬った。そこからのレンとレイの共闘はめっちゃ熱くて。そこからの「俺と組もう」からの決裂の流れが最高すぎましたね。スターウォーズで観たかったものがここにある、と興奮しました。