緋綸子の雑記帳

私が誰かのブログを読んで楽しむように、見知らぬ誰かが私の記事を読んでくれたら。

2020年とThis is 嵐 LIVE

2020年を振り返ってみると、プライベートの趣味ごとはわりと嵐一色の1年だった。そもそも私がはまったのが2019年終わりごろで2020年には活動休止だからというのもあるんだけど。たったファン歴1年ちょっとではあるけど、本当にずっと盛りだくさん楽しませていただきました。

晦日の生配信ライブ、This is 嵐もリアルタイムで観ました。そもそも約2ヶ月前の11月3日にはアラフェス2020が配信されていて、これはこれで盛りだくさんの一大イベントだったんですよね。アラフェスのプログラムはファンクラブ会員向けのお楽しみコーナー、そのあとにファンクラブ会員向けライブ、そして一般向けライブという大きく3つに分かれた構成で、昼からの長丁場でありながらどれもそれぞれの特色があって楽しめるというものすごく充実した内容だった。あれでもう嵐のライブを十二分に堪能した気でいたので、大晦日のライブというのはあくまで活動休止期間の最後の時間をファンと過ごすのが主な目的で、ライブとしてはそこまで本格的なものではないんだろうと勝手に私は思い込んでいたんですよ。ところがどっこい、This is 嵐 Liveでは驚くべき曲数のボリュームと高いクオリティのパフォーマンスに圧倒されてしまった。松潤が言ってたけど、アラフェスはあくまでファンが曲を投票するファンが聴きたいものを中心としたライブで、やはり最後にもってくるべきは、嵐がファンに届けたいと思ったものを歌う、アルバムのタイトルを冠したライブなんですね。

This is 嵐のアルバム曲、実はあまり聴き込んでなかったんだけど、今回のライブで『SHOW TIME』という曲がすごくすごく好きだと気づいた。パーティーで恋人とのシチュエーションという曲で、オシャレできゅんきゅんする。「焦らさないで 最高潮で抜け出そう」「キミだけに キミだけとSHOW TIME」。歌詞だけ書くとキザでクサい感じだけど、曲調がポップでオシャレで歌い方もさわやかなので全然可笑しくならない。聴いていて照れてしまう。疑似恋愛ってこういうことだよなーと思う。メンバーに現実の恋人がいたら嫉妬するとかそういうものじゃないんですよ。こういう曲を歌われている瞬間の、なんともいえないふわふわした心地。この瞬間こそが疑似恋愛だと思う。

話がそれてしまった。アルバム曲以外で選ばれた曲も、そうそうこれやってほしかった!というのが多かった。私にとって一番のそれは『Step and go』なんだけど。この曲の歌詞は、翔くんのラップ部分も含めて今の嵐の状況にあまりにも合っているので、最後の出演となる各歌番組のメドレーのどれかで歌わないかなーと期待していたんだけど、テレビではそれは歌われず。ちょっと残念に思ってたら、最後の最後のこのライブで歌ってくれたよ!2番も含めて全曲フルで歌ってくれたのうれしかった。この曲が選ばれてフルで歌われたのは、メンバーにとってもやはりこの歌詞が今の自分たちに刺さるものだと感じたからなんだろうと思うと、気持ちが通じたようでうれしい。現在の大野さんの、「夜を通り抜けてrolling, rolling on」や「世界はまるで永遠へのエスケープ」の歌声が聴けてよかった。

(↓この曲については以前、記事に書いています)

 

hirinzu.hatenablog.com

 

あと、『風の向こうへ』も好きな曲なのでうれしかった。あとは"Whenever you call"はいつものことながらよかったです。この曲はブルーノ・マーズが提供してくれた曲というのもあって、やはりメンバーの歌い込んでる感じが半端ないんですよね。そしてなにがびっくりしたって"Whenever you call"から『台風ジェネレーション』につながったところですよ。あんなの初めて(そりゃそうだ)。

台風ジェネレーション』を歌っているときのCG背景が活動期間の西暦の数字だったんですけど、メンバーの若いころの写真以上に時の流れを感じさせられて、よい演出だったと思う。『台風ジェネレーション』の歌い終わりの場面を額縁で縁取られ、そこから『ピカンチ・ダブル』の屋上につながる演出もとてもよかった。

 

途中のお着換えのときにグーパーで二手に分かれて、片方着替え、片方MCで交代するというのがあったんだけど、前半MCの相葉ちゃんと大野さんが思った以上にMC上手で(いや、芸能人歴長いお二人にこんなこと言ったら失礼だけど)面白かったな。どちらかといえば相葉ちゃんがリードして、それに乗る大野さんというのが、相性のよさなんだろうな。相葉ちゃんが贈ったラーメンを、作って食べたよと大野さんが写真に撮って送ったんだけど、そのラーメンが入っているどんぶりがどう見てもメモリがついていて銀色の……あれボウルだよね?っていう。どんぶりが家になかったからボウルを使った大野さん。たしかにうちはラーメン屋(というか中華料理屋)だからどんぶりあるけど、ふつうの家はないかもしれないねと相葉ちゃん。あれ、けっこういいよ、お湯入れるときメモリついてるし。持つとき熱いけど。と盛り上がる二人。こういう生活のことで盛り上がる彼らのトークは面白く大好きです。

ラストスパートは『A・RA・SHI』、『Monster』、『迷宮ラブソング』、『マイガール』、そして『Happiness』(私のメモより)。迷宮ラブソングの翔さんは王子だった(メモより)。

 

そして最後の最後の5人の挨拶。大野さんのメッセージ、ひとつひとつ発される言葉を固唾をのんで聞いた時間を大切に記憶しておきたい。順番の最後が潤くんだった。

「僕にとっても嵐は夢でした」

「いつかこの夢の続きをできたらいいなと思います」

「これからも僕らの音楽を愛してやってください」

これを聞いて「嵐とは…」と考えてしまった。嵐とは5人のことだけど、5人のことでありながら、本当にデビューのとき言っていたように5人が巻き起こした現象をも表す概念であり、一言でいうと"夢"なんだな。

 

翌日の元旦には私は仕事だったけど、この大晦日に嵐のライブを心ゆくまで楽しんだので元気が出た。仕事中も頭の中で嵐のSHOW TIMEが鳴っていて、なんだか切なかった。

お誕生日おめでとうございます

大野智さん、お誕生日おめでとうございます。
遅まきながらこの一年で嵐や大野さんを知ることができてよかったです。嵐に、大野さんに出会えてよかった。

私も先日誕生日を迎えました。誕生日近いのが個人的にとてもとてもうれしい。これからも応援しています。よい一年を!

嵐からのサプライズ

ジャニーズショップから小さい箱が届いており、はて?と思った。フリースタイルのグッズや、アラフェスグッズなど注文しているものはいくつかあるが、こんな小さな箱で届くものがあるだろうか。
一番に思い当たったのはアラフェスの携帯クッションである。なぜかこれは単体で買ってしまったのだ。嵐のメンバーが「これ便利だよね」と動画で盛り上がってたからだ。このときほかのグッズについてあまり検討せずクッション単体でぽちってしまい、あとから後悔してパンフやフードつきタオルなどのグッズを追加で購入した。この小さい箱は単体で頼んだ方にちがいない。しかしそうだとすると…

クッションちっさ!

携帯クッションだから折り畳めるんだけど、それにしても小さい。そりゃ嵐のメンバーは小尻だからいいかもしれないけど…。まぁコンサートのグッズなんてこんなもんか…と思いながら箱を開けた。

すると銀色のきれいな小箱が入っていて、この時点でどうみてもクッションではない。小箱の中には赤く光る小さな玉が閉じ込められていた。バースデーカードのような折りたたまれたカードもついていて、いわく、アニバーサリーツアー「5×20」のオープニングの幕に使われた(200万個以上の)スワロフスキー・クリスタルをFC会員に一粒ずつ届けてくださったとのこと。これって要はサプライズですよね?なんと粋な!

先日のアラフェス2020の合間の動画(FC会員向けに嵐がわちゃわちゃしている動画)で、櫻井さんが約20㎝四方(サイズはあくまで私が動画で観た印象)のスワロフスキー幕の一部を記念にもらったとのことで見せてくれていたけど、あれを映像で見せてもらえるだけでも私は十分おすそ分けしてくれるその気持ちがうれしかったわけだけど、あれも伏線だったということですか!?それ以上のことは決して思わせぶりなことも言わないあたりが本当に徹底している。嵐の粋っぷりがとまらない。
しかも私の場合、勝手に自分で一度がっかりしているので、がっかりからのサプライズという演出でうれしさも倍増している(これは偶然そうなっただけで演出ではない)。

嵐さん、ありがとう。



f:id:hirinzu:20201123121852j:plain

これは後日来たクッション(単体)の入ってた段ボール箱と、スワロフスキーの小箱の入った箱を比べたところです。全然大きさ違うよ。この小さいほうをクッションかと思った私…。

嵐フェス2020クッションもよかったです。
軽くて厚みもあって、家でテレビの前に座り込むときとかに使っている。枕としてはベッドやふとんでガチ寝のときには硬すぎるし小さすぎるけど、たとえば職場の机でちょっと休憩でうつ伏すときとかに高さ調整するために本を置いたりするけど、その代わりにはなると思う(いや、嵐さんが「枕にもなる」って言いながら頭の下に敷いてたんですよ、動画で)。デザインもかわいい。今回のアラフェス2020に使われている、黒、山吹色、ピンク、白のチェックや縞模様を組み合わせた意匠、すごく好きです(写真の段ボールに貼られたテープのデザインがそれです)。

最近、保湿を(自分にしては)ちゃんとやっている。コロナ対策で帰ったらすぐ手を洗った後に顔も石鹸(顔の方はNOVのベビーフォーミングソープで。感触が優しすぎて洗浄力あるのかはよくわからない)で洗うようにしてるからだ。どう気をつけていても、手で顔を触れる機会は多いので。
石鹸で洗うとずぼらな私でも一応保湿したくなるので化粧水(クリニーク)をコットンでぺたぺたしたあと乳液(NOV)を手で直に塗っている。以前は乳液買ってなかったんだけど、買ってみたら意外と使い心地がよくて、化粧水のあとに乳液まで塗る習慣ができている。そのせいか、超乾燥肌だけど顔はそこまで乾燥していない(頭皮や体はすぐ乾燥する)。

けれども、私はファンデーションがどうしても苦手で(肌自体がそうだし、技術的にも苦手)化粧下地のみで外出することが多い。NOVの日焼け止めミルク乳液だったり、最近は、やたらドラッグストアで目にするラロッシュ・ポゼの化粧下地を使ったりしている。2種類あるうち初めは色なしタイプを使っていたけど、トーンアップローズタイプにしてみたら、この方が私は合うようだ。そもそも下地しか塗ってないから下地が色なしだと何のカバー力もないからな…。

けれど下地は下地なので、結局ほとんど何もカバーできていない。アトピーによる赤みも最近マスクのせいかよくできる口元のおできも。そうなるとどうなるか。保湿はしてるので土台は調子よくてラロッシュ・ポゼのうたい文句どおり透明感もでてきていて、だけどデキモノやら赤みはカバーできていない。やたら透明感だけはあるが何も隠せてないすっぴん顔で仕事している。透明であることがもはやマイナスかもしれない。

ファンデを使いこなせたら…と思うんだけど、なかなか。ORBISのBBクリームはわりと使いやすくていいんだけど、あれですら「何か顔についてる」感が強くて、毎日は使わない。ファンデをつけるとなると結局その前にコンシーラーはしとかないとってなるし、服とかに付かないように気をつけないといけないしで、めんどくさいレベルが一気に上がってしまう。

アトピーがひどいときは「ファンデは使わずに下地とおしろい(ベビーパウダーとかルーセントパウダーとかそういうの)を使うといいよ」というアドバイスを聞いたことがあるのだけど、やってみるとそんなことは不可能だが??となるんだけど、あれは人によるのだろうか。やり方なのだろうか。ベビーパウダーとか、やたら真っ白になるし、そんなきれいに均一につかないし、下地だけ塗ってもそもそもそんな吸着力ないのだけど??わたしができないだけで、何かよい方法あるのだろうか。
実は最近もNOVのルースパウダーを買ってみて下地つけた上からはたいてみて、何かまばらに粉が顔について「もうやるまい…」と以前と同じあやまちを繰り返してしまった。筆でやるといいみたいな話も聞くけど、筆でやるのめんどくさいし、そもそも本当に筆でやれば下地の上にパウダーがきれいに付くんですか?と疑心暗鬼になっている。

せっかく肌の調子自体はよくなっているのだから、何か合う方法見つけたいんだけどな。

新型コロナウイルス流行下の嵐コンテンツの感想

今年を振り返ると、コロナのことで一番私の気持ちが沈んだのは4月、5月だったと思う。この頃、嵐が今できることをしようといろいろなアイデアで活動していたことは私の気持ちを明るくしてくれた。単に活動するだけでなく、それぞれの活動がちゃんと嵐らしくかつ面白くなることが、この人たちのすごいところなんだなと思った。

 

・ジャニーズワールド ハッピーライブ with you

このライブの最後に嵐が登場した。このときの歌声や配信を観ている人に向けたパフォーマンスが泣けるほど心に響いた。いまもこのライブはYoutubeで配信されていて観れるんだけど、これを観ると当時の重苦しい空気に沈んでいた自分を思い出す。

 

・嵐の手洗い映像 ("Wash your hands"に乗せて)

松潤が解説役となって5人が和気あいあいと手を洗うというだけで、繰り返し見てしまうコンテンツが成り立つすごさ。あと公式アカウントでツイートされた大野さんの手洗い動画がめちゃくちゃ好きです。手を洗うときはこのどちらかの映像を頭に思い浮かべることで、心穏やかに丁寧に洗うことが出来るので非常にありがたい。

 

・嵐のインスタライブ

私が観たのは、松潤がホスト役となって他の嵐メンバーそれぞれと話す回と、同じく櫻井さんがホスト役となって4人それぞれと話す回だったかな。面白いのはやはりそれぞれの組み合わせで会話の話題や雰囲気がちがうんですよね。

 

・嵐の紙芝居(期間限定で終了)

大好きだった。たしか第6弾まであったのかな。自分たちのことを紙芝居集団と自称するほど紙芝居にハマって楽しんでいた嵐を見ていてうれしい気分になった。

期間限定なの惜しいなと思ったけど、紙芝居に著作権があるものね。無期限に許諾されるものではないよね。

「かにむかし」が一番それぞれのキャラクターが活躍して相葉くんのナレーションも語り口が優しくて好きだった。純粋な松潤のかにどん(母ちゃんの方)。歌もノリノリでかわいい。櫻井猿どんの憎らしさと最後のやられっぷりもよかった。外から帰って来た時の「さむさむ、さっむー」がおっさんくさくてツボでした。大野さんの子がにたちのかわいさよ。昔話独特の懐かしい感じのする抑揚がよい。「さるめの山は遠いぞ」とか。このへんはニノもとても上手くて、ニノは蜂どんと臼どん役だったかな。「さるめが何かしたん」「ひどいことをするものど」のセリフの抑揚がすごく好きだった。臼の低い声がまた似あう。だいたい渋い脇役になるニノ。

この「かにむかし」の紙芝居は絵もとても好きだったんですよね。あの、母がにが亡くなってしまい青くなって、そこから子ガニがぶつぶつと生まれる衝撃。可愛いだけじゃない味わい深さがある。

 

・嵐のワクワク学校オンライン

全部見たかったんだけど、観れたのは櫻井さん担当のコロナウイルスについての話(山中伸弥先生と東京大学医科学研究所 ウイルス感染分野 河岡義裕教授がゲストで、おそらくプレゼンの監修をしてくれていて質問コーナーで回答もしてくれていた)と相葉くん担当のHappiness体操と大野さん担当の「絵を描こう」だったかな。

コロナウイルスについての話は非常に勉強になった。私は医療関係者なので知っておくべきにもかかわらず知識がおぼろげな部分もあったし。コロナウイルスがこれまでのウイルスとどう異なりどう怖いのかについて、エボラ出血熱狂犬病ウイルス、エイズと比較しての性質の説明とか視点が面白かった(この3つのウイルスももちろんそれぞれ怖いんだけど)。

エボラ出血熱との比較⇒重症化しやすく致死率高すぎるので、コロナほどには感染拡大しない。コロナは無症状の人も多く、それで気づかぬうちに拡げてしまう。

狂犬病ウイルスとの比較⇒狂犬病ウイルスは発症してしまうと脳炎を起こして致死率も100%近いが、ワクチンができたことで日本国内では発生しなくなって久しい。

エイズウイルス⇒HIV感染症の治療薬ができた。

この3つ合わせて、無症状の人が多いため非常に広がりやすくしかも一部は重症化し、ワクチンも治療薬もないというコロナウイルスの現時点での問題点を櫻井さんがプレゼンしていてわかりやすかった。

 

相葉くん担当のHappiness体操(嵐の曲"Happiness"に合わせて家でできる運動)は、これだけは皆の健康のためにコンテンツ残しておいてほしかったくらい。もうほとんど忘れてしまった…。私は以前から「ダンスのような難しい動きはできないから、曲に合わせて踊った気になれて運動にもなるような簡単な振りはないものか」と思っていて、これがまさしくそれだった。でもだいぶ体操というより筋トレだった。最後の方、腹筋とか腕立てしだすし。筋力ない人(私)は、最初の方のその場で歩く振りやサビの両手を地面について足を前後させる奴(けっこうしんどい)だけでもそうとういい運動になる気がする。

 

大野さんの「絵を描こう」は、宿題で嵐メンバーやファンが5人の似顔絵を描いてそれをホームルームで発表するという企画込みでとても面白かった。互いの絵やファンの絵について語る時、嵐のコメント力を実感する。

 

 

以上がだいたい4月、5月頃に行われたコンテンツだろうか。その後もいろいろあったけど、やはりこの時期のコンテンツは緊急事態宣言下の雰囲気が色濃い。「求めていることをやってくれた」というより、彼らがやってくれて初めて「ああ、こんなのが今ほしかったんだ。ありがとう」と思わされる。彼らが一歩先を行っている。緊急事態宣言下のまさしくそのときにすぐこれらのアイデアをだしてコンテンツを作って提供できる嵐と彼らを支えるスタッフたちのすごさを思う。

きっと普段から「嵐(自分たち)のやりたいこと、できること」「ファンの求めていること」「ファンではない世間一般の視点」をふまえて考えることを徹底しているのだろうと感じた。そうやって作ってくれたものを受け取ることができたことに温かい気持ちになった。