緋綸子の雑記帳

私が誰かのブログを読んで楽しむように、見知らぬ誰かが私の記事を読んでくれたら。

なにもする気が起きない

大前提として動くのが好きではない。ものごころつかない頃から私はほとんどじっとしている子供だったようだ。大人になってそこらで見かける小さい子供などを見ていて、子供って普通はほっといてもめちゃめちゃ動くものなんだなと改めて認識した。だとすると私はほんとに異常なくらい動かなかった。弟はよく動くほうだったけど、それは単にうちの弟が落ち着きがないだけと子供の頃の私は思っていた。なんで特に必要もなく動くのか、私にはよく理解できなかった。

動かないから子供の頃からあまり筋肉というものがつかず太りぎみだった。体脂肪率が高いのでBMIはたいしたことなくてもスタイルとしては明らかにぼよんとしている。幼い頃がんばって親が一緒に体を動かそうとしてくれてたけど、母が弟を妊娠、出産した私が2~3歳のときなどは母もそんなに動けないし生まれてからも弟にかかりきりになるし(といってもそこまで私がかまわれなくなったわけでもないが)、幸い私はじっとしているものだからそのままになってその頃は特に太ってたかもしれない。そして他の子より動かなくて太りやすいものだから親は幼い私にあまりお菓子を食べさせないようにしていて、その制限がしばらく私をお菓子に執着させてしまったりした。

そういう、ベースとして「動かない」という性質がある。そして子供の頃から本好きで、自分が何か作ったり体動かしたりというより脳内でフィクションや空想に耽溺しやすい。特にキレイ好き、整頓好きといった特性もない。そんな性質の自分が大人になり長年一人暮らしするとどうなるか。
ほんとうに最低限の家事しかできないし、家にあるものをすべていい感じに収納するということすらしない。引っ越して時間がたっても段ボールに入ったままのものとかある。自分の普段の生活に支障がなければそれでいい。
まぁ、大事な書類とかは認識してるのでそういうのだけは自分にわかるようにしまっていたりするけど(突然の自己肯定)。でも逆にそうやってしまっている数年前の確定申告の書類とか、別にとっといてもいいけど最低限しかいらんだろうし書類出すのに集めたちょっとした書類(身分証明書のコピーの予備とか)も一緒にしまってたりするの、さすがに捨てましょうよっていうのが捨てれてなかったりする(シュレッダー買えばいいと思うよ)。

正直これまでずっと一人でこれからも一人かもしれなくて、人を招く必要もない生活を送っているとある意味ストレスはないのかもしれないけど、片付けたりきれいに保つモチベーションがわかない。休日なんか体まったく動かさなくて、お年寄りより動いてないのほんとに体によくないし、年取ってからおおごとすると思う。そう頭でわかっていてもできない。

荒療治で、定期的に人を招くとか、誰かと交際するとかそういう外的なモチベーションがないとどうにもできない気もするけど、その荒療治でどうなっちゃうんだろうと思うと怖くてその方法にも踏み出せない。どうなっちゃうって、別に失敗してみっともないことになったり、逆になんとかできてもストレスになってやめたくなったり、どっちに転んだところでいやになったらやめたらいいだけで死ぬわけじゃないんだからと思うけど、そんな小さな波すら嫌だと思ってしまう(現在のところは少なくとも人を招くのはコロナ流行下だからやめたほうがいいけど、それ以前からの話)。

荒療治がなくても、まずは一人で家で何かをできないと。と思ってもこれがほんとうにできないときは信じられないくらいできない。ベッドに寝たまま自己嫌悪に陥る。
本当にごくたまに(年に数回程度)清潔欲が出てきて掃除しだすことあって、そのときは自分に安心するけど、自然な清潔欲待ちだけではこころもとない。

それでも家に置いてあるものとあとはコンビニで買ってきた食料だけで生きていけてしまう。せめて美味しいものへのあくなき欲求くらいあればよかったのに、ふつうレベルにおいしいものであればよくて、手間がかからないほうを選んでしまう。

そうやって生きていけてるならそれでいいじゃん、できないことをくよくよ悩んでもしかたないという考え方もあるけど、何もしていない状況がすでに自分にとって楽しくはないので、やはり心のなかで自分の現状がよくないと感じるのであればよくないのだろう。

考えてもしかたなくて自分がただ動くしかないのに、どうしたらよいかと動かないまま途方にくれている。

TV版エヴァンゲリオンを観ていて思ったこと

シン・エヴァンゲリオンは先々週に観に行って、感想も書こうとしたのだけど上手く書けない!と放り出したまま、ネトフリでTV版の23話「涙」24話「最後のシ者」を見たりしていた。どちらの話も、シンジが心がつながっているように思えた相手である二番目の綾波、そして渚カヲルを自分のために喪失することになるという話で、完成度がおそろしく高い。エヴァ内の科学的事象(ATフィールドとか、使徒が精神に侵蝕するとか)と登場人物の心がリンクして、科学的設定を正確に理解できているか微妙なところな私もすんなり理解できるほど見事にストーリーやセリフが構成されている。レイがなぜ自爆しなければならないのか、カヲルがなぜ消える運命を選ぶのか、論理と心が一体となってダイレクトに理解できるのだ。

 

特にカヲル君の出てくる24話をよく観ているのだけど、それで気づいたことがある(ここからは小ネタです)。アスカやシンジが戻ってこず家に一人でいるミサトのシーンがあって、そのときの独白から、彼女の家はわりと中心部から離れているので被害は及ばなかったということがわかる。つまりミサトさんは職場から少し離れたところに住んでいて、非常時にはスポーツカーぶっ飛ばして職場にかけつけて「遅くなってごめんなさい!」ってやってたんだな、ってことがここでわかる。

作戦部長がそれでいいの?とつっこむ向きもあるかもしれないけど、こういういつ呼び出されるかわからない忙しい立場の人ほど、家は少し離れたところがいいという話もあるよなーと思う。家が近いからということで気軽に呼び出されてしまったり、呼び出されなくても自分が気になって職場に行ってしまったり、行動範囲が家と職場の間だけになってしまうから、気分的に仕事から離れるために物理的にも少し距離をおいた方がいい、と(あくまで緊急時に対応できる範囲ではあるけど)。こういう社会人としてのネタに思い至れるようになったのも、自分が年をとったんだな…と感慨深い。まぁ、一緒に住むシンジやアスカは不便に思っているかもしれないけど。

それにしても、今後はいよいよミサトの家も危ないからペンペンを洞木さんちに預けるという話が出ていて戦慄した。どれだけ洞木家に世話をかける気なんだ。

あと、いま24話を脳内で振り返っていて気づいたんだけど、日向君とミサトがフィフス・チルドレンのことで上層部に探りをいれるのに情報のやりとりを外出してしたりしているけど、あれ、対外的にはデートをよそおってるんですね(ちゃんと考えたことがなかった)。どうせ諜報課とかには見張られてるんだろうし。片思いの人相手に実際はデートじゃないのにデートをよそおう状況に陥っている日向君よ。せつない。

自分に恋心をもっている相手に、体の関係に持ち込むことなく、気持ちを知ったうえで自分の目的のために利用させてもらうわよって表明しているミサトさんはかっこいい(というか、修羅っちゃってるからな…)。もちろん日向君がちゃんとした人だからこそできることだけど。自分の目的とはいえ、人類の命運かかってることだしね。

そう考えると24話は、シンジとカヲルがアニメ史に残る神話を繰り広げる一方で、日向君からミサトへの純度の高い片思いロマンスが展開してたんだな。たった30分の間に…。この男女、さらりとサードインパクトを止めるという人類の命運を背負う覚悟でいるし…。そんな彼らの思惑の及ばぬところで決着をつけるシンジとカヲル。壮大すぎる。

 

そうやって振り返ると24話、シンジもミサトもそれぞれに置かれた状況のなかでせいいっぱいやった訳ですよ。なのに何でラストの会話はあんな後味悪いんだ…。ある意味エヴァらしいけど。カヲルを手にかけてしまったことで、シンジは自分を責め続けるし、ミサトはそんなシンジの心を救うことはできない。あまりにも誠実すぎる作品なんだよ…。

10年前と2021年の3月11日

10年前の今日は金曜日だった。私は院生で、アルバイトに行っていた。毎週金曜日に行く、電車を乗り継いで2時間近くかかる遠方のバイト先で、地震のことを知ったのだ。

午前中いっぱいから昼過ぎまでは間断なく仕事をして、なんとなく人との会話から東北で地震があったらしいということを知った。トイレかなにかで中座し、自分のブースからロビーに出たとき、ふとロビーにあるテレビの映像が目に入った。津波の水が、するすると信じられない速さと規模で田畑を覆うのを見た。もののけ姫デイダラボッチのドロドロが地面を這うみたいに。私はただテレビの画面を見て立ち尽くし、ロビーに居並ぶ人々も、ただ茫然とテレビを見ていた。それが、私の2011年3月11日の記憶である。

 

今日は2021年3月11日。昨日、コロナウイルスのワクチンを接種した。注射の瞬間はぷすっと一瞬痛いだけだったのだが、3時間後くらいから刺した側の腕の肩に近いところ(刺した部位そのものじゃなくてやや内側。絆創膏の位置が間違ってなければだが)が痛くなり、腕を肩より少し下まで上げただけで痛くなるし、後ろに回しても痛くなるしでしんどかった。早めに寝たのだけど、明け方変な夢を見た。今日もしばらく腕を動かしたときの痛みが続いたが、今ようやく和らいできている。動かしてみるとまだ痛みは残っているけど。

今日は19時過ぎに職場を出ることができた。コンビニでパスタとサラダを買って帰り、パスタにサラダをかけて食べてなけなしの野菜摂取とした。夕食後、マイクロソフトソリティアのデイリーチャレンジ(ソリティア、スパイダー、フリーセル、ピラミッド、トライピーク)をやり、今日は全クリできた。そして刀剣乱舞大阪城をやりながら、ブログを書いたり洗濯をしたりしている。

嵐。仕事。まだしていない婚活。

お題「#この1年の変化」

 

 1年より少し前、2019年の終わり頃に嵐の公式Youtubeが開設されて、初めて嵐のA・RA・SHIをMV付で初めから終わりまで聴いたことをきっかけに、私は嵐にハマった。そして2020年正月には嵐関連の番組を録画しまくっていた。再放送の嵐主演ドラマ「最後の約束」は、つっこみどころはあれど終わり方がかっこよくてなかなか楽しめた。この頃はまだ2020年がこんな年になるとは思ってもいなかった。 

 2020年2月初めくらいに、うすうすわかっていた4月からの異動がやっと正式に決定し、そこから本格的に家探しや手続きや引っ越しの準備を始めなくてはならなかった。この頃、新型コロナウイルス肺炎の報道を徐々に見かけるようになり、職場でも発熱患者には必ず渡航歴を聞き、疑いがあれば保健所に連絡するという対応がなされるようになった。そしてこの頃から「自粛」という言葉が聞かれるようになった。私のように異動する人の送別会も行わないことになった。この頃は非常に微妙な時期で、2月開催の大型イベントなどは日程や地域によって、ぎりぎり行われたものもあれば、中止されたものもあったと思う。3月になると、医療従事者の送別会や大学生の卒業旅行での感染がマスコミに取りざたされるなどもあった。

 年度末に休みをとり、引っ越しをした。異動先は実家に近かったのが幸いで、引っ越し先の家が片付いていない間、実家でごはんを食べ泊まることができた(この頃は帰省での感染の危険性はまだそこまで言われていなかった)。ちょうどそのときに志村けんさんの死を知って呆然とした。3月終わりから4月にかけての自分の気持ちや世間の何ともいえない漠然とした暗さは、これまでに経験のしたことがない種類のものだったと思う。COVID-19は、肉眼では見えないが世界中の人々の命をおびやかしてくる。そして感染のリスクを減らすためには、著しく行動が制限される。人類史のなかで感染症に世界が脅かされたことは何度もあったのだろうが、自分が生きているこの時代に、こんなウイルスが新しく出現したことが衝撃だった。生活のちょっとした行動でも、どこまで感染予防をするかという問題がつきまとい、少しでも油断をすると「感染したかもしれない」と不安になる。あれから1年たった2021年の現在こそ、行動様式が自分のなかで定まってきたが、このやり方だって感染していないのは単に運がいいからで、地域的に今以上に流行したらどんなに気をつけていても感染するのかもしれない。

 そんな状況で新しい職場で新年度を迎えた。共に働く上司や後輩はもともと知り合いで話しやすい人たちで、人間関係の不安はなかった。仕事内容自体も、前の職場のほうが責任が重くしんどい思いをしていたので、むしろ気は楽になったくらいだった。困ることと言えばローカルルールにまだ慣れていないということくらい。けれども、そういった仕事上の大きな問題がないからこそ余計にコロナに対する漠然とした不安がつきまとい、4月に入ってからも何だかぼんやりして無気力だった。体調が悪いと、「コロナだったらどうしよう」などと考えてしまうし、いろんなことが頑張っても意味がないことのような気がした。そんななかで、音楽活動をする人たちが、リモートで音楽を届けようと必死にがんばってくれていたことには心を動かされた。

 仕事をするうちに、いよいよ自分の住んでいる地域でもコロナの感染者は増えていき、自分の業務もコロナと無関係ではいられなくなった。まだ一度も直にコロナ感染者と接したことはないけれど、発熱患者さんにPCRまたは抗原検査のための検体採取を行うことはあるし、COVID-19そのものの診療はしていないけれど、コロナ患者さんの持病が自分の専門分野だった場合に相談を受けることはある。

 これまではあまり他の専門分野の医療者のネットでの発信を読むことはなかったのだけど、コロナ診療最前線の医療者のネットでの発言などをちょくちょく追うようになった。政治の動向や世間のさまざまな意見に気持ちを左右されるようにもなった。家に帰ってからはそういうネット記事を読んでいろいろと思いを抱きながら、職場ではいつもどおり仕事をするという2020年だった。

 

 それ以外のこととしては、主に嵐の活動休止前最後の一年を追いかける2020年だった。このことは以前ブログにも書いたけど、コロナ禍のなかでさまざまな決断をし、世の中の状況に合わせてYoutubeでの紙芝居、ワクワク学校オンライン、インスタライブなどさまざまなコンテンツを提供してくれて、2つの大きな無観客ライブを成し遂げるなど、予想もしていない状況のなかで最大限に考え力を尽くしてくれた嵐の仕事ぶりに尊敬の念をいだいた。何より常にファン(そして、もっと広く世の中の人々)がどんな気持ちでいるかを思いやり自分たちが何をできるか真剣に考えてくれる彼らの人間性に心をうたれた。にわかファンではあるけれど、この一年で彼らのことをよく知ることが出来て本当によかったと思う。

 

 そして最後に自分のことだけれど、上に書いたようにさまざまに考えさせられることはあったものの、自分の生活のしかた自体はまったく変わっていない。とにかくやらねばならない仕事はやるけど、それ以上の勉強はあまりできていないし、家に帰ってからは最低限の家事をしてネットや本を眺めて1日が終わる。これでいいのか…とずっと思っている。前職場では仕事は内容的にも量的にもややキャパ越えだった。自分のできる範囲でがんばったつもりではあるけど、キャパを拡げようと努力することもできず、いろいろと後悔するところもある。そして現職場での仕事は、難易度的にも量的にもまぁまぁちょうどいいくらいで、何というかそれに甘んじてしまっている。これから年を取るにつれて、より知識や判断力やコミュニケーション力が必要とされる立場になるかもしれないのに。

 いま、本当に目の前の最低限のことをしていて、これからの人生をどうするかという目標がみえない。ひとつはやはり、勉強はしないといけないなと思う。でないと、仕事を続けるうえで不安や自信のなさが降り積もるだけだから。

 あともう一つはプライベートについて。ちょうど1年と少し前、嵐にハマって間もない頃、私は嵐のメンバーの一人にガチ恋に近い気持ちを一時的に抱いてしまった。これは一時的なものでおさまったのだけど、このとき私は嵐が活動休止してしまったら空っぽな状態で年だけとっていくのではないかと危惧した。そのとき思いついたのが、そうだ、婚活しよう、だった。けれど、調べてみると当然だがやはりそれなりの高額な入会料を払わないといけないことがわかり、逡巡してそれ以上の行動は起こせずに終わった。そして今年の自分の誕生日前に、婚活の相場からいえばもう十分遅いとはいえこれ以上延ばしたら年齢的にさらに厳しいと思い立ち、ある結婚相談所の説明をオンライン通話で聞いた。このとき話を聞いた仲人さんの仕事ぶりや人柄は信頼できると感じたのだが、いったん入会したらかなり精力的にラインなどのやりとりを頑張らねばならず短期間の勝負であるということを聞き、また、お見合いの最終段階では仲人立会いのうえで相手と実際に会うことになるのだが、現在のコロナ流行下ではリスクがあるため(職場での規程もあるし)、今の段階で婚活を始めるのは難しいと感じた。もちろん、相手や状況次第では相談してやり方を変えられる可能性もあるし、始めてみないことには何も進まないとわかってはいるのだけれど。そうやっていろいろ考えているうちに婚活はしないまま2020年は終わってしまった。

 

 2021年に入り、いよいよもうすぐ新型コロナのワクチンを打つことになる。考えてみれば、コロナが出現してからmRNAワクチンという新しいタイプのワクチンが開発されたなんてすごいことだ。そのために日夜開発に取り組んだ人がいるのだと思うと頭が下がる。もちろん、そんな偉業をなしとげた人とは比べるべくもないけれど、仕事のことでもいい、プライベートのことでもいいから、今何をすべきか考えて一歩進めればと思う。