緋綸子の雑記帳

私が誰かのブログを読んで楽しむように、見知らぬ誰かが私の記事を読んでくれたら。

本が合流する

今週のお題「本棚の中身」

 

私がこれまで買ってきた本は、両親のいる実家、弟宅、私の家に分散されていた。このうち実家には、高校時代までと社会人1~2年目(成人してからこの2年間だけ実家住みだった)に購入した本がある。

弟宅というのは、もとは私と弟が主に大学時代と大学院時代一緒に住んでいた家である。私が仕事の都合でそこを離れ弟はそのまま残るにあたり、私はひとまず手元に持っておきたい本だけ持っていき残りは置いていくという大変迷惑な行為を働いたのだった。いや、私、転勤多いからさ…そのうち落ち着いたら必ず引き取るから…という気持ちで。そうこうしているうちに時はたち、私は現在の家に越してきて3年目となった。これまでの家に比べるとやや広い家である。少なくとも来年(4年目)まではこの家にいると思う。その先はわからないが。そして弟の方はパートナーができ、新居に引っ越すことになった。わりと急なことだったので、とりあえず私の蔵書も一緒に引っ越してくれていた。つくづく申し訳ない。その後当然だが、姉貴の私物(本以外もいろいろある)を引き取ってくれと催促され、この春にその作業をだいたいなんとか終えた。

大学時代と大学院時代は、勉強や仕事に関わる専門書も小説も漫画も雑誌もけっこうざくざく買っていて、弟宅にある私の蔵書はけっこうなボリュームだった(いわゆる本の虫といわれる人や筋金入りの漫画好きの人と比べれば全然たいしたことはないが)。引き取るにあたっては、それなりに大きな本棚が必要だと思い、ニトリで高さ181cm、縦4列に仕切られている本棚を新しく買った。弟の家から小さめの段ボール3箱で私の本が送られてきて、私宅の蔵書に合流した。

とりあえず今並べておきたい本から並べて、あとはどう配置するか吟味中なので紙袋に入れて保留にしてある。結局、文庫本が一番多いので、効率的に収納するなら奥行きが狭い文庫・新書・コミックス用の本棚を買うか(1つは持っている)、一部スライド式になっているものを買うかなんだろうけど、どちらもあまり好きではないんだよね。なので、文庫本を手前と奥の二重に収納するような形になってしまう。奥が見えないと困るので、手前側は完全に敷き詰めないようにするなどして。いろいろ考え中。実家に置いてある本も、折をみて少しずつ引き取って、私の本は私の本棚に収めたいと思う。

 

本棚を眺めていると、これまでの人生で何にはまったか、興味をもったかが思い出されて、自分自身を反映しているようで面白い。読まないでただ眺めたり、適当に手に取ってページをぱらぱらめくるだけで楽しい。自分専用の本屋みたい。本屋にしては雑然としすぎだけど、そこが自由気ままでいいのだ。

 

古典や短歌メイン

こちらも短歌や古典、後ろに文芸誌など

 

画集。美術館の図録。

ひとまず適当に入れた棚。整理の余地あり。上にぬいぐるみ。

 

 

好きな文庫本。後ろに英語関係(ただ懐かしいから並べただけ)

文庫本(並べ方雑ですね…)

 

こちらも文庫本

 

上の方はまだ棚板いれてない。

文庫本

 

まだあくまで仮置きの状態。写真を撮るとき奥の方だと光が当たらないので、文庫本を手前側に引っ張り出して撮った。

 


こちらが買った本棚。


www.nitori-net.jp

 

 

九州国立博物館の北斎展と太宰府散歩

先日、九州国立博物館北斎展に行ってきた。今週末の6月12日で展示は終わってしまうので、ギリギリすぎてこの記事を参考にしてねというタイミングでもないけど、楽しかったのでレポートをば。

今回の展示の目玉は日新除魔図という、北斎がほぼ一年毎日厄除けのために描いてた獅子の絵で、特に頼まれたものでも誰かに見せるつもりのものでもなく、描いてはそのへんに放ってたらしい。その後、北斎は信州松代藩士の宮本慎助に何かの絵を頼まれてたんだけど、しばらくして再会してもその絵がまだできていなくて、お詫びとして娘の応為(阿英)がその獅子図を贈って宮本氏は喜んで受け取った、と。このエピソード自体が粋で物語みたい。阿英がちゃんと保管しておいて、それが宮本家に渡ったからこそ、こうやって現代まで残っていると思うと奇跡のようだ。

 

日新除魔図は一部のものを除いて撮影可だった(フラッシュは不可)

獅子がユーモラスでかわいい。毎日描いているのにポーズも構図も日々違うし、いろんな面白いアイデアが盛り込まれている。個人的な落書きだから肩の力が抜けた感じで筆の勢いがあって、でもめちゃんこ上手い。こんなに自由自在に描けたら楽しいだろうなと思った。日新除魔図のコーナーは写真が撮れるからお気に入りのをいくつか撮ったのだけど、結局図録も買ってしまった。

あと今回の北斎展で一番好きだったのは狐狸図。歳月を経て老成した雰囲気の僧衣の狐と狸がよい。なんかちょっとしょぼくれた感じがたまらん。背景にも幽玄を感じる。一方で小道具の罠と茶釜はディテールまでしっかり描かれててこの絵だけで現代に再現できそうな感じで面白い。図録があれば、見たいときに狐狸図を眺められるのでやはり買ってよかった。

六歌仙図もよかったな。縦長の紙に六歌仙が上からジグザグに配置されている。それぞれの人物の顔の向きや表情、ポーズも含め、構図がばっちり決まっていて、漫画のキャラ勢ぞろいの扉絵みたい。

そして、最後の出口付近に展示された、巨大な龍と鳳凰の天井絵がすごかった。この北斎展のことを弟にも勧めていて、私より後に弟も行ったんだけど、感想を聞いたらこの龍が可愛かったと言っていて「つのがない」と言っていた。そうだったっけ?と思って図録を確認したら、たしかに角がなくて頭がつるっぱげの人みたいになってて面白かった。北斎の絵、獅子にしても龍にしても顔がユーモラスでかわいくて好き。鳳凰もまた独特で、赤と緑を中心とした色彩も、尾をしならせて全身が円を描くような構図も圧倒される。これを八十代の晩年に描いたというからすごすぎる。

 

九州国立博物館には、気になる特別展があったときに何度か来ているのだけど、太宰府天満宮と繋がっていて帰り道に通るので、そのたび天満宮にお参りすることになる。そして参道をぶらぶら歩いて駅に行くというお定まりのコース。

今回は、やす武というお店でよもぎ梅ヶ枝餅を焼いているところがめちゃくちゃおいしそうだったので一つ買ってみた。焼きたてのあつあつで本当においしかった。

同じく参道にある梅園という老舗の菓子屋さんは、なかなか他では見ないようなお菓子を売っていて、店内や店員さんの雰囲気もよくて、何度か来たことがあるお気に入りのお店。「宝満山」というお菓子が名物なんだけど、宝満山を干菓子にして切ってある、「よろつよ」も好き。今回はすぐ売り切れてしまうというラムレーズンの「よろつよ」をお勧めされたので買った。さくっとも、ふわっとも違う、その中間のような食感で、しっかり甘くて、それでいてしつこくなくておいしい。今回は太宰府出身の木彫の芸術家の作品(菅公像と万葉佳人の像)を店の奥に飾ってあって、それについて店員さんがお話ししてくださってうれしかった。あたたかみがあって木の風合いの美しい木彫だった。梅園さんのインスタを見ると、この像も6/12までの展示なのかな?見られて運がよかったんだな。(baienwagshiというアカウントでインスタをされていて、木彫の写真も見れます。インスタ、まめにアップされていてすごい)

シンプルな服ばかり買ってしまう

今週のお題「夏物出し」

 

気づいたら夏に履けるズボンがカーキ色の1着しかなく、ここ最近ズボンの日はそればかりを履いていて、これじゃ夏を乗り切れないと思ったので、何着かズボンを買うことにした。今持っているカーキ色のズボンは、イッツインターナショナルのストレートパンツで、サイズはある意味ぴったりで、すごく重宝している。ある意味というのは、Mサイズで本来はくるぶしから上が少し出るタイプのパンツなのだが、私にとってはフルレングスに近い丈なのである。Sサイズだと私にはウエスト周りがきつくて入らないと思う(試着時、Sサイズはなかったので試していないが、経験上おそらくそうなる)。要は、Mサイズの短めの丈のパンツをフルレングスとして履いていて、そのほうがウエスト周りはぴったり。そんな背が低く太めの私にとって、サイズの合うパンツを見つけるのは手間だ。店員さんとのやりとりはそこまで苦手な方ではないが、試着ができるくらい精神的、体力的余裕のある状態でぴんとくる服に出会うタイミングを待っていると、なかなか服を買う機会がない。サイズぴったりの服があるなら、また同じものを買いたい。カーキ色のパンツを買ったお店はセレクトショップで、同じ場所にいけば同じ商品があるというものではなく、何度か覗いては見たがそのパンツが置いてあることはなかった。また別のお店でいちから違うパンツを探すのもめんどうなので、イッツインターナショナルのオンラインショップで買うことにした。実店舗で買うとき店員さんが、このシリーズは人気で毎年買い足している人もいますよと話していたのだが、オンラインショップのサイトを確認するとちゃんと同じタイプと思われるパンツが販売されていたので、店員さんの言葉どおり定番だったと安心した。異なる色を1着ずつで、数着注文した。もうすぐ来る予定。どうしても赤や黄のような派手な色は選べず、アースカラー系の色を選んでしまう。

そしてこのあいだ無印良品の前を通ると、半そでTシャツが展開されており、マネキンの着ているライトグレーのシャツがいい感じだったので、いっちょ今年も買い足そうかなと思い、こちらも数着買った。無印のTシャツに関しては私は基本Sサイズなのだが、ちょっとした型の違いで合うサイズや見え方が変わるので、必ず試着することにしている。無印良品のTシャツのよいところはSサイズが細身すぎないところだ。普通、レディースのSサイズといったら、そうとう細身なんである。私のように二の腕だるだるのゆるい体型の人は、二の腕や肩回り、胴回りがむちっとしてしまいそのサイズはとてもじゃないけど着れない。無印のSサイズは細身すぎず、かといってだぼっとしてもいない、ちょうどよい型。ゆとりが少しあって、なおかつ体のラインに沿っているので、シルエットがきれい。ライトグリーンのTシャツも色がきれいで欲しいと思ったけどSサイズはなくなっていて、Mサイズでも若干大きいくらいでそこまでシルエットは変わらなかったので、Mサイズのを買った。ただまあ、無印なのだから仕方ないのだけど、デザインが限られているのがね…。この型で無地とボーダー以外、あともうちょいカラーバリエもあれば最強なのだけど。そのへんはブランドイメージ的に無しなのだろうか。

そんな感じで夏物を買い足したわけだけど、トップスもボトムスも見事にアースカラーばかりになってしまった。まあ、とりあえず無難に外出時着られればそれでいいから…。組み合わせによってはアースカラーどうしでもいけるかもだし。手持ちの他の服と組み合わせたりしながらやっていこう。

ケガをして傷を縫われた

ある夕方、帰る途中でつまづいて転んで前方に倒れこみ、足元にあった物にすねをぶつけた。すぐ立ち上がって公共交通機関に乗ったあと、ズボンの裾を上げて見ると、出血はそれほどないが開いた傷から黄色い脂肪が少しはみ出ていて、ひえーっとびびってしまった。ぶつけただけかと思ったら、ちょうど物の角っこに当たってサクッと切れてしまったらしい。周囲から見たら転んですぐ立ち上がった人なので、誰も私を気にしていない。内心、ヤバい…どうしよう…と思いながら、カバンの中をあさって、ただ1枚だけ絆創膏を見つけた。傷を洗ってもいないのに汚いかなと思いながらも、傷がぱっくりしたまま歩く方が気分的にきついので、無理があると思いながらも傷に貼った。傷は横一文字で長さ4cmくらいなので、何とか絆創膏で覆うことができた(もちろん真ん中のパッド部分をはみ出ているが)。その上からティッシュで押さえて静かにしていた。いったん家に帰宅して、夜間診療をやっている医療機関を探してタクシーで受診した。ほどなく外科の医師に診てもらった。傷を見せると、

「あー、これはさすがに縫わんとなかなか治らんやろうね」

と、診察台に横たわるように言われた。麻酔をして傷を洗い、縫うことになった。この麻酔をするときが一番痛く、「いっ」と声が出て、足(footの部分)がかくかく震えてしてしまった。麻酔がどれほど効いてくれるかと不安だったが、洗うときや縫うときはそれほど痛くなく、局所麻酔すごいと思った。それほど騒がなかったので

「やっぱ女の人は強いね。さっき診た男性はめちゃくちゃ痛がってたよ」

と褒められたが、私はそれほど痛みに強い方ではない。たまたま今回の傷はひどく痛くはなかっただけだと思う。本当に痛かったら大騒ぎする。

傷の深さをピンセットの先端で示してくれて(1cm弱くらいのようだった)、骨の近くまでいっていたと言われる。6針縫われたらしい。看護師が縫った上からガーゼを当て包帯でぐるぐる巻きにした。この包帯は翌日まで緩むことなくきゅっとしっかり巻かれていて、さすがプロと思った(翌日に靴下を脱いだときに外側の一部は緩んでしまったが、それでも全部ほどけはしなかった)。包帯を巻いた状態で風呂はどうすればよいかと聞いたところ、怪我した足を湯船につけないようにするか、ラップかビニール袋で包んで患部を濡れないようにするよう言われたが、そんなこと可能か?と疑問に思った。

タクシーで家に帰り、縫われたあと1時間くらいすると麻酔が切れ始めて痛みが出てきた。ただ、ぱっくり開いている状態での不安な痛みとは雲泥の差で、きっちり縫ってもらったんだから後はしっかりくっつくのを待つだけだと思うと痛くてもそれほど怖くない。夜間診療はつくづくありがたいと思った。家族と職場の人に連絡し、家族からは大事に至らなくてよかったと言われた。職場の人にも心配され、翌日は仕事を休んでよいことになった。通勤でそれなりに歩くので、ほっとした。結局怪我した当日は風呂には入らずシャワーもしなかった。

翌日、夜間診療の医師に書いてもらった紹介状をもって近くの診療所を受診した。包帯をとって傷をみてもらい、経過は問題ないとのことで消毒され防水パッドを貼られた。普通にシャワーや入浴も問題ないとのことで安心した。濡れてパッドが剥がれても傷部分を乾かして清潔にしてまた防水パッドを貼ればいい、防水パッドはドラッグストアで売っているとのことだった。帰りにドラッグストアに寄ると、ちゃんと防水パッドがあったので買った。私はあまり怪我をした経験がなく、親知らずの抜歯を除けば傷を縫われたのは初めてなので、こういうふうに適切な処置をされ、必要なものが手に入ることにいちいち感動した。初めての経験をしてハイテンションになっているのかもしれない。

なるべく傷を刺激したくないので、パッドが濡れて剥がれないよう入浴はせずシャワーだけにしている。最近のは普通の絆創膏も風呂で剥がれないから大丈夫とは思うのだけど。で、あまり意味はないように思うが一応傷周辺はラップを巻いてみている。あと、直接患部に水流の勢いが当たらないようにシャワーは座った状態でしている。立ってシャワーするのに慣れているので、座るとどうもすっきりしないけど。

その次の日は通常どおり出勤した。上司や後輩から「大丈夫(ですか)!?」と笑われた。そう、なんかお互い笑うしかないんだよね。反応として。まぁ、笑える範囲で済んでよかったというところ。

日記

出発を待つ電車の座席で二人の男女が話している。恋人の親密さと甘さのあるトーンで。

明日は福岡でお祭りがあるらしいよ
なんのお祭り?
わかんないけど。お祭りがあるから帰り混雑して帰れなくなるかもよって言われた
博多…よさこい祭り
あー…。博多…めんたいこ祭り?
そんな幸せなお祭りある?

同じ車両に座る私の脳内「博多どんたく!!」